就活・転職 ブログトップ

【レジュメ作成編2】入社5年経過・やさぐれサラリーマンの転職活動日記! [就活・転職]

こんにちは。またまた転職ネタです。
今回は「レジュメ作成編2」ということで、「レジュメ作成編1」の続きになります。
具体的には・・・

・職歴の部分はどんな風に書くのか?
・自己PRの部分はどう書くのか?

この2点についてお話をしていこうかと思います。
業界によって若干差があるものの、共通する部分は多いので参考になれば幸いです。
ちなみに筆者はIT系の会社で探していたので、同じような人はすごくイメージしやすいかも。


スポンサードリンク




1.職歴は基本的にプロジェクト単位で書く

職歴って今まで自分がどんな仕事してきたか、その実績をアピールする部分です。
ですの、実際にやった仕事を書きます。
細かく書くとすごい量になるので、期間の長かったプロジェクト(案件)ベースで書くのがポイント。

【今までの業務を整理してみましょう!】
職歴なんだっけ?.jpg

ここから、もう少し詳しく説明します。
まず、職歴は時系列で書いていきます。

【記載例】
2010年4月〜2017年3月
・XX業界のYY社向けシステム構築(※顧客名は通常伏せます。)

・規模:プロジェクトメンバーXX名
・システム規模:サーバ◯台、クライアント端末◯台
(※上記はIT業界の場合、書いたりすると分かりやすいですね。)
・役割:メンバー


・・・最初にプロジェクトの期間やザックリとした内容、規模、自分の役割などの「業務概要」を書きます。
そこに具体的な業務内容や、そこでの自分の取り組み(業務詳細)を足していきます。
業務詳細を書く際、下記3点を抑えましょう。

・何が課題だったのか
・課題解決ためにどのように考え、行動したか
・結果としてどうだったのか?

ちなみに全てのプロジェクトに対して「業務詳細」を書くことはありません。
特に、自分がやってきた中で小規模なプロジェクトは概要だけ書いて、詳細内容は省略しましょう。

また、プロジェクト期間を正確に覚えていないことや、職歴として物足りない小さな仕事に従事した期間もあると思います。
僕もプロジェクトの合間に社内の支援業務をやった期間など、正直微妙な職歴もありました。
そんな時は、、、
前後のプロジェクト期間を少し伸ばして、隙間期間を埋めてしまいましょう。笑

2ヶ月などの細かく、印象の薄い仕事を書くよりは、前後のプロジェクトをもう2ヶ月長くやったことにするんです。
こっちの方が見てる人もスッキリしてて読みやすいですし、何より面接の時にあまり突っ込まれません。
(なんでここで社内業務やってたの?とか聞かれたら面倒ですよね。)

ここで一旦、職歴書く時のポイントをまとめます。

・時系列でプロジェクト単位で書く。(構成要素は「概要」と「詳細」。)
・シンプルにする為、パッとしない業務はメインプロジェクトで補完。

2.自己PRはどの企業でも使えるような能力を記載する!

職務経歴書のメインはあくまで職歴です。(実際、読まれるのもそこです。)
ただ、それだけでは個性は出ませんし、人間力の部分が伝わらないかもしれません。
ですので、ここでヒューマンスキルをアピールします。

【人間力も大切です】
人間力.jpg

どこに書くかと言えば、職歴の後の「自己PR」という項目で書きます。
転職エージェントがくれる職務経歴書のフォーマットにその項目は普通あります。

項目内の書き方は自由ですので、端的に書いていきましょう。
職歴で書いた「職務詳細」につなげやすいものがいいですね。

【記載例】

〜自己PR〜

私が貴社の業務で活かせると考える能力を、3点ご紹介させていただきます。

・仮説提案能力
私は普段の顧客への提案活動の中で、◯◯のような考え方に沿って業務遂行してきました。
このやり方をすることでより◯◯になり、実際の業務実績として◯◯のような実績を残しています。
この能力を貴社の◯◯業務でも活かし、期待に応えていきます。

・実行力
私は、XXのような人間で考えたアイデアなどを必ず実行することができます。
〜〜〜〜以下、省略。

・強い献身性
私は誰かの利益の為に、行動することが好きで、それは◯◯という理由があるからです。
現職では、社内のナレッジ共有を通じて組織の能力向上を目指し、XXのような取り組みを実施し、◯◯の結果を残しました。
〜〜〜〜以下、省略。

・・・ザックリですが一例を書いてみました。(適当に書いてます。)
ポイントは何がアピールポイントか、先に概要を書くこと。
そして、それぞれの説明を、個人の性格や志向面と実際の業務ベースでのエピソード、転職先で活かせるシーンの3つのポイントで書く。
その際気をつけるべきことは、特定の会社の特定のポジションでしか通用しない内容ではなく、汎用的なものを書くことです。
例えば、顧客との折衝などはどこでもやるから、仮説提案能力は汎用的ですよね。
実行力だって基本的に必要なスキルです。

このように、どの企業でも求められそうなヒューマンスキルを書くことで、自己PR部分は企業共通で流用できます。
さらに、受ける職種が同じなら職歴の表現もいじる必要はありません。
要するに、職務経歴書を流用していろんな企業にスピーディーに応募できるようになります。


さて、ここで自己PRについておさらい。

・どの企業でも通用する汎用的なヒューマンスキルを書く
・内容書く際は、まず概要を書く(何点あって、AとBとCですみたいな)
・詳細説明は、自分の性格や志向+これまでの業務でのエピソード+転職先での活用シーンの観点で書く

・・・といった具合です。
以上でレジュメに関するお話はおしまいです。
ここに書いた内容が全て正しいとは言いませんが、高い通過実績がありますので参考になるかと。
(※筆者は20%しか通らないと言われる中で、悪い時でも一応40%通過。)

【関連記事】
【レジュメ作成編1】入社5年経過・やさぐれサラリーマンの転職活動日記!


今日も”雑食”ニュースにきてくれてありがとうございます。
職務経歴書を書くのは最初疲れますよね。
できる限り、一度で汎用的なものを作って、あとは流用して応募するのがやはり楽です。
皆様が効果的な職務経歴書を作成できることを、祈っています。


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

【レジュメ作成編1】入社5年経過・やさぐれサラリーマンの転職活動日記! [就活・転職]

こんにちは。アクセルです。
皆さん、転職活動をやるにあたって最初の難関ってなんだと思います?
それは・・・レジュメ作成です。
企業の選考を受けるには、応募書類が必ず求められます。
そして、書類選考のハードルってけっこう高いです。
今日はそんなレジュメについてのお話をしていきます。


スポンサードリンク




1.レジュメ作成って具体的には何するの?
まず、レジュメについて知っておいた方が良いことをご説明しますね。

レジュメ画像①-1-632x372.png

レジュメというのは一般的には職務経歴書のことを言います。
一方で「書類(レジュメ)準備する」というのは下記全ての準備を求められます。
ここは注意が必要です。

【企業への書類選考で準備するもの】
1.履歴書(キャリアシート)
2.職務経歴書

1点目の履歴書は皆さん必ず書いたことがありますね。
学歴などを簡易に書くもので、内容はシンプルです。

氏名や住所などの個人情報、学歴、職歴(簡易)、志望動機(必要に応じて)を書きます。
大手の転職エージェントでは、「キャリアシート」というものが用意されていて、これは履歴書とほぼ同じです。
履歴書の作成は正直時間がかかりません。

2点目の職務経歴書。これが一般的に「レジュメ」と言われるものです。
この作成はかなり骨が折れます。
と言うのも、履歴書には書かなかった以下の内容を詳細に書くからです。

【職務経歴書に依存する内容】
1.これまでの仕事内容
2.自己PR

「1.これまでの仕事内容」ですが、これがとにかく大切。
今までどんな仕事に取り組んで、どう工夫し、どんな成果を出したかをわかりやすく書きます。
この内容が書類選考のウエイトの7割を占めると言っても過言ではないでしょう。
正直、最初は作成に苦労します。(僕もかなり苦労しました。)

「2.自己PR」は仕事内容ほどのボリュームはありませんが、オリジナリティが求められます。
さらに、内容の根拠を示す為、仕事内容で記載した内容とリンクさせる必要があります。
また、ここの自己PRで選考側で募集している人材像とマッチするか見ることもあります。
戦略的に書かねばなりません。

【ここまでのおさらい】
・一般的にはレジュメ=職務経歴書のこと!
・準備の際はレジュメ=履歴書+職務経歴書と考える!
・レジュメ作成で苦労するのは職務経歴書!

2.書類選考のハードルは?
もちろん、これは企業によってまちまちですが、データはあります。
どの転職エージェントも言いますが、一般的に・・・

転職における書類通過率=20%

・・・けっこう厳しいですよね。
新卒の就活時代も人気企業なんかは書類通過率が10%とかありましたけどね。笑
まあ、企業の見る目は肥えていると考えた方がいいです。

ハードル高い.jpg

ここで参考までに僕の書類通過率をご紹介します。
前提として、受ける企業のハードルは高いと考えてください。
(つまり待遇が良かったり、大手企業だったりします。)

筆者の書類通過率:40%

高い時期は出した書類の70%が通った時期もありますが、厳しめに見て40%です。
職務経歴書をブラッシュアップしてからは、通過率がかなり上がったと思います。
(新卒の時から書類に関しては得意だったのですが。)

さて、ここで話を戻します。

中途採用の書類通過率は20%と厳しいですが、それは採用のスタンスが全然違うからです。
人事の考え方にもよりますが、普通に考えると以下のようなスタンスです。

【新卒採用時のスタンス】
・数を確保する必要がある(採用できないと困る)
・学生相手なのでハードルはそんな高くない
・書類選考の観点として「実績」をそこまで重視しない

【中途採用時のスタンス】
・空いたポジションの補強で良いので採用数は少ない(納得いく人以外いらない)
・キャリア採用(中途採用)なのでハードルは上げてくる
・書類選考の観点としては「実績」がかなり重要

キャリア採用というのは言ってしまえば「今の現場の課題を解決してくれそうな人」ということです。
当然、即戦力であればGOODですし、これまでの仕事で実績を出していることは前提になります。

とりあえず採用して、育てていくというスタンスではないことを理解しましょう。
当然、最初は教育してくれますが「手取り足取り教えて」みたいな人は求めてません。

さらに、キャリア採用をする背景を考えましょう。
社内の特定のポジションで人が足りないから採用したいはずです。
ということは、そのポジションで活躍できるかどうかという観点で審査します。

応募者の職務経歴書からわかる強みがマッチするかどうかが重要です。
すなわち・・・

出来の良い書類でも落ちることはある

ということです。
書類が落ちる原因は以下の2パターンがあるはずです。

【書類が落ちる原因】
1.書類の書き方に問題がある(単純にわかりにくい)
2.能力が応募ポジションにマッチしない

マッチングしないと判断され落ちることは誰でもあります。
よって書類に落ちたからと言って、ひどく落ち込む必要はないのです。

さて、長くなってきたので続きは「レジュメ作成編2」にて。

【ここまでのおさらい2】
・転職の書類通過は20%と厳しめ!
・新卒と違って「すでにできる人」を求めてる!
・あくまでマッチングの観点なので、落ちることは普通!


今日も”雑食”ニュースにきてくれてありがとうございます。
転職におけるレジュメ作成はかなり大切です。
これ通らないと面接もいけませんし、面接も厳しいからです。
ただ最初に完璧なレジュメを作れば、後は楽ですので頑張ってみましょう!^^


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

【エージェント選び編】入社5年経過・やさぐれサラリーマンの転職活動日記! [就活・転職]

皆さんお久しぶり(?)です。アクセルでございます。
最近、転職活動に奮闘してまして、ブログ更新がご無沙汰でした。

実は転職活動はこれが2回目。

転職.jpg

今回はけっこう本気度も高いです。
けっこうイロイロと転職に関するノウハウも溜まってきたので、ブログを通じて共有できればと思います。

今回は「エージェント選び編」です。 実体験ベースで気楽に書くので、参考程度に読み流してくれたら幸いです〜。^^


スポンサードリンク




1. まずは筆者の転職前の状態を共有します

まず前段として、僕のことを軽く書いておきます。

【筆者の転職前の現状】
・大手システムインテグレーター勤務(メーカー系)
・年収は約500万円(残業月40時間やった場合)
・首都圏勤務
・最近の状況として残業ほぼなしで、薄給

・・・事前情報としては上記のような感じです。

で、転職の本音ベースの理由としては、、、

・基本給がなかなか上がらない(残業ありきの年収モデルが嫌)
・社風が全然合わない(お堅い感じです。無駄も多い。)
・アサインされた業務に対して、成長を感じない(単純につまんない。)

と、まあこれが本音。
で、この本音をオブラートに隠しつつ、納得感のある転職理由を考えていきます。

そんなこんなで思い立ったが吉日、秒速でエージェント登録しました。笑
なんとエージェント登録の翌日に面談しました。まさに秒速ですww

2.エージェント選びのポイント

繰り返しになりますが、今回の僕の転職活動は2度目。
前回は2年前にわりとガッツリやってました。(結果として転職しなかったんですけど。)

その際はいろんなエージェントを平行で登録しました。
目的は、各エージェントのサービス品質であったり、求人の多さの比較です。

参考までに僕が利用したことがある転職エージェントは特徴と共に下記に示します。

転職エージェント.jpg

【使ったことがある転職エージェント(点数は10点満点)】

1.リクルートエージェント:オススメ度(9点)

ここはとにかくエージェントの対応が早いです。
登録したら速攻で電話かかってきます。
ちなみに登録後のエージェントはリクルートキャリアの人がつきます。
僕にはリクルートキャリアとリクルートエージェントの違いがわかりませんが、気にしないでください。

ここを使う一番のメリットはなんといっても求人数の多さです。
圧倒的に多いですよ。リクルートで出ない求人で他で出るものってかなり少ないです。
そしてもっと凄まじいのは、ここのシステム。
登録後は個人のポータブルサイトができて、そこで面接日程の調整や企業への応募をします。
このポータブルサイトはどの転職エージェントでも存在します。

が、リクルートのそれは凄まじい。
何がと言えば、求人のマッチングアルゴリズムです。

ポータブルサイト上で求人情報を皆さん見ますよね。
そこには担当エージェントセレクトもありますし、自分で検索もできます。

これ自体は普通です。
でもリクルートは「検索履歴からマッチングを推定」という機能が実装されてます。

自分が閲覧した求人の傾向から、興味をもちそうな求人を送ってくれます。
このクオリティがすごすぎる。
担当者から紹介されるものと同等レベルで、自分の志向に合う求人情報が飛んできます。

デメリットとして、リクルートはきめ細かい対応はやってくれない面があります。
めっちゃ忙しすぎて、サービス品質に少し難があります。(人によりますが。)

2.DODA(オススメ度:7点)

これはインテリジェンスが提供しているエージェントサービス。
実は一難最初に僕が登録したのがこれ。

ここの特徴は、担当エージェントの対応のきめ細かさですね。
書類の添削から、面接対策から、面接後のフォローまでけっこうやってくれます。
大切にされてる感じがして印象はいいです。

求人の数もリクルートエージェントの次に多いイメージ。
ただ、各業界に特化したエージェントがくるので、他業界の他職種に転職したい場合は注意。

同じ業界のこれまでのキャリアを活かせる求人しか出てきません。
その辺の柔軟性が僕が使った時は、ない印象を受けました。

3.type転職エージェント(オススメ度:6点)

ここはエージェントのサービス品質が高いと噂のサービス。
確かに、ヒアリングは丁寧で、これまでの経歴や志向を抑えた上で求人の提案をしてくれます。

ただ・・・ぶっちゃけDODAやリクルートエージェントの品質を大きく越えてるとは思えませんでした。
また、対応速度で言うとリクルートが断然上。そこは仕事のスピードなんですかね。

求人数はDODAより少し少ない程度かな?
まあ、悪いエージェントではないけど、あえて使う必要も感じませんでした。

4.パソナキャリア(オススメ度:5点)

ここもエージェントの丁寧な対応が評判ですね。
僕が使った時はなんとエージェントに成り立ての若い女の子がでてきました。笑

まあこればかりは、引いたエージェントが悪かったのかもしれません。
ヒアリングの洞察力、また企業側との調整力、さらに求人の品質、すべて他社に劣るイメージでした。
リクルート使ってれば使う必要はなかったですね。
びっくりしたことに、出てきた求人の平均年収がどれも他社より低めだった。(謎です。。)

5.アデコ(オススメ度:6点)

ここはですね、経験豊富という感じの現場仕込みのエージェントさんがついてくれます。
面談の場所も柔軟で、都合のいい場所に飛んできてくれます。
僕は横浜のカフェで会いましたね。(そこで求人サンプルとか紹介されました。笑)

現場仕込みの洞察の鋭さで求人を提案してくれる点は非常にいいです。
一つ一つの求人に対して「なぜ、そこを進めるか」という説明をしてくれました。
こちらの長期的なキャリアを考えてくれてて、好印象です。
しか〜し!!ポータルサイトはリクルートやDUDAに比べて貧弱です。
というより、、、なかったかな?笑

そしてオススメする求人については熱く語ってくれますが、やや偏ってます。
基本的にあちらの仮説をもとに「これがいい!」という求人を推してきます。
そこを自分が気に入らないと厳しいです。柔軟性に欠けるんです。

結局、サービスってユーザーが満足してなんぼなんで、そこは誤解しないで欲しいですよね。

3.リクナビNEXTからくる独立系エージェントは?

リクナビNEXT登録してると、企業の他にエージェントからオファー(面談しませんかメール)きますよね。
あれらの多くが独立系の中小エージェントです。
中には優秀なエージェント会社もありますが、言っておきます。

あえてそこを使う必要はないです。

なぜか?
大手エージェントで求人はだいたい網羅できていますし、かつ求人内容もなんか怪しい。
こう、条件が不自然に良いものが多いんです。(年収1000万円とか)

自分のスキルレベルにマッチしていないような求人をバンバン投げてきます。
胡散臭さMAXです。

僕は騙されたつもりで数社会いましたが、求人数は大手エージェントがやはり上でした。
また、ポータブルサイトなどの仕組みも整備されていない。
あえて使う必要性はないと判断しました。


結論ですが、エージェントは1社強いのを使えばそれでいいです。
そっちの方がいろいろ調整もしやすい。
そして求人の80%はどのエージェントでも同じものが出てきます。(感覚ベースですが。)

で、使うエージェントですが、僕の意見は下記です。

・リクルートエージェント
→職務経歴書とか描き慣れてて、面接対策もそこまでいらないなら、迷わずここ。

・DODA or Type
→転職活動初めてで、いろいろフォローして欲しいなら。
まあリクルートも同様のことやってくれますが、あちらは対応が少し雑なので。笑
面接対策とか二人三脚でやってくれますよ。どちらを選ぶかはお好みで。


今日も”雑食”ニュースにきてくれてありがとうございます。
今日は転職活動する上での最初の一歩であるエージェントについて書きました。
あくまで個人的な意見ですが、実体験ベースなのである程度参考になるかと。
まあ、結局はエージェント個人の能力に依存しちゃうんですけどね!^^


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職
就活・転職 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。