【レジュメ作成編1】入社5年経過・やさぐれサラリーマンの転職活動日記! [就活・転職]

こんにちは。アクセルです。
皆さん、転職活動をやるにあたって最初の難関ってなんだと思います?
それは・・・レジュメ作成です。
企業の選考を受けるには、応募書類が必ず求められます。
そして、書類選考のハードルってけっこう高いです。
今日はそんなレジュメについてのお話をしていきます。


スポンサードリンク




1.レジュメ作成って具体的には何するの?
まず、レジュメについて知っておいた方が良いことをご説明しますね。

レジュメ画像①-1-632x372.png

レジュメというのは一般的には職務経歴書のことを言います。
一方で「書類(レジュメ)準備する」というのは下記全ての準備を求められます。
ここは注意が必要です。

【企業への書類選考で準備するもの】
1.履歴書(キャリアシート)
2.職務経歴書

1点目の履歴書は皆さん必ず書いたことがありますね。
学歴などを簡易に書くもので、内容はシンプルです。

氏名や住所などの個人情報、学歴、職歴(簡易)、志望動機(必要に応じて)を書きます。
大手の転職エージェントでは、「キャリアシート」というものが用意されていて、これは履歴書とほぼ同じです。
履歴書の作成は正直時間がかかりません。

2点目の職務経歴書。これが一般的に「レジュメ」と言われるものです。
この作成はかなり骨が折れます。
と言うのも、履歴書には書かなかった以下の内容を詳細に書くからです。

【職務経歴書に依存する内容】
1.これまでの仕事内容
2.自己PR

「1.これまでの仕事内容」ですが、これがとにかく大切。
今までどんな仕事に取り組んで、どう工夫し、どんな成果を出したかをわかりやすく書きます。
この内容が書類選考のウエイトの7割を占めると言っても過言ではないでしょう。
正直、最初は作成に苦労します。(僕もかなり苦労しました。)

「2.自己PR」は仕事内容ほどのボリュームはありませんが、オリジナリティが求められます。
さらに、内容の根拠を示す為、仕事内容で記載した内容とリンクさせる必要があります。
また、ここの自己PRで選考側で募集している人材像とマッチするか見ることもあります。
戦略的に書かねばなりません。

【ここまでのおさらい】
・一般的にはレジュメ=職務経歴書のこと!
・準備の際はレジュメ=履歴書+職務経歴書と考える!
・レジュメ作成で苦労するのは職務経歴書!

2.書類選考のハードルは?
もちろん、これは企業によってまちまちですが、データはあります。
どの転職エージェントも言いますが、一般的に・・・

転職における書類通過率=20%

・・・けっこう厳しいですよね。
新卒の就活時代も人気企業なんかは書類通過率が10%とかありましたけどね。笑
まあ、企業の見る目は肥えていると考えた方がいいです。

ハードル高い.jpg

ここで参考までに僕の書類通過率をご紹介します。
前提として、受ける企業のハードルは高いと考えてください。
(つまり待遇が良かったり、大手企業だったりします。)

筆者の書類通過率:40%

高い時期は出した書類の70%が通った時期もありますが、厳しめに見て40%です。
職務経歴書をブラッシュアップしてからは、通過率がかなり上がったと思います。
(新卒の時から書類に関しては得意だったのですが。)

さて、ここで話を戻します。

中途採用の書類通過率は20%と厳しいですが、それは採用のスタンスが全然違うからです。
人事の考え方にもよりますが、普通に考えると以下のようなスタンスです。

【新卒採用時のスタンス】
・数を確保する必要がある(採用できないと困る)
・学生相手なのでハードルはそんな高くない
・書類選考の観点として「実績」をそこまで重視しない

【中途採用時のスタンス】
・空いたポジションの補強で良いので採用数は少ない(納得いく人以外いらない)
・キャリア採用(中途採用)なのでハードルは上げてくる
・書類選考の観点としては「実績」がかなり重要

キャリア採用というのは言ってしまえば「今の現場の課題を解決してくれそうな人」ということです。
当然、即戦力であればGOODですし、これまでの仕事で実績を出していることは前提になります。

とりあえず採用して、育てていくというスタンスではないことを理解しましょう。
当然、最初は教育してくれますが「手取り足取り教えて」みたいな人は求めてません。

さらに、キャリア採用をする背景を考えましょう。
社内の特定のポジションで人が足りないから採用したいはずです。
ということは、そのポジションで活躍できるかどうかという観点で審査します。

応募者の職務経歴書からわかる強みがマッチするかどうかが重要です。
すなわち・・・

出来の良い書類でも落ちることはある

ということです。
書類が落ちる原因は以下の2パターンがあるはずです。

【書類が落ちる原因】
1.書類の書き方に問題がある(単純にわかりにくい)
2.能力が応募ポジションにマッチしない

マッチングしないと判断され落ちることは誰でもあります。
よって書類に落ちたからと言って、ひどく落ち込む必要はないのです。

さて、長くなってきたので続きは「レジュメ作成編2」にて。

【ここまでのおさらい2】
・転職の書類通過は20%と厳しめ!
・新卒と違って「すでにできる人」を求めてる!
・あくまでマッチングの観点なので、落ちることは普通!


今日も”雑食”ニュースにきてくれてありがとうございます。
転職におけるレジュメ作成はかなり大切です。
これ通らないと面接もいけませんし、面接も厳しいからです。
ただ最初に完璧なレジュメを作れば、後は楽ですので頑張ってみましょう!^^


スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。