【速報】鋼の錬金術師が実写化!主演はジャニーズ山田涼介 [アニメ・ゲーム]

鋼の錬金術師・カバー.jpg

”ハガレン”でお馴染みの「鋼の錬金術師」がなんと・・・・

実写化するらしいです。

主人公のエドワード・エルリックを演じるのはHey! Say! JUMPの山田涼介さん。
2017年の夏に公開を予定しているとのこと。
いったいどんな実写になるのか、原作ファンには気になるところですね。


スポンサードリンク




鋼の錬金術師の原作人気はスゴイ

鋼の錬金術師はコミック、アニメ、劇場化などすべてで成功を収めている超人気作品です。

【コミック】
ハガレン・コミック.jpg

鋼の錬金術師は少年ガンガンで2001年から2010年まで連載されました。
コミックの全27巻の累計発行部数は6,100万部という凄まじい数字を記録しています。

【アニメ】
もちろんアニメ化もしており、最高視聴率8.4%を記録するほどの人気でした。
アニメは大きく2つの作品(※)が存在し、内容が異なるという異色のシリーズ構成が話題になりました。
※2つのアニメ作品違いは以下の通りです。

・鋼の錬金術師(2003年〜放送)
ハガレン2003.png
原作の設定はある程度踏襲していますが、アニメオリジナル色が強く、原作とは結末も異なります。ファンの間では”2003年版”とも言われています。

・鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST(2009年〜放送)
フルメタル.jpg
前作が原作に追いついてしまう関係で、アニメオリジナルストーリーになったのに対し、こちらは完全に原作準拠のストーリーになっています。
また、視聴者が話を理解しやすくなる工夫が随所にされているので、完成度も高いです。

【アニメ劇場版】
アニメは劇場版も二作品更改されており、共に大成功を収めています。
特に劇場版第一作「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」は観客動員数110万人、 興行収入は13億円という凄まじい記録を残しています。

ハガレンはコミック・アニメ・劇場版の全てで大成功したモンスター作品なのです。
とっても面白いので、興味がわいた人はこの機会にチェックするのもいいかもしれません。

主人公・エド役の山田涼介ってどんな人?

現在のキャストでわかかっているのは、主人公エドワード・エルリック役のみ。
演じるのはHey! Say! JUMPの山田涼介さんです。いわゆるジャニタレですね。

山田涼介.jpg

山田涼介を俳優として有名にした作品は初主演を務めた「暗殺教室」です。
この映画はなかなかのヒットをしており、山田涼介さんの演技評価も悪くありませんでした。

事務所側は「暗殺教室」の成功をきっかけに、山田涼介さんを岡田准一(V6)や二宮和也(嵐)と同様に”映画俳優”路線で売りたいのだとか。

ジャニタレの中には演技がとっても上手な人はいますので、山田涼介さんもそのタイプなのかもしれません。実際どうなのかは、今回のハガレン映画でわかることでしょう。

個人的には山田涼介さんもエドと同じ金髪が似合うので、ルックス面ではわりとハマるかなぁ・・・といった印象。

ハガレン実写化、ほかにも気になるポイントはたくさん!

今はエド役のみが判明していますが、原作ファンとして気になるポイント他にもあります。
以下、個人的に気になるところリスト。

【他のキャストは!?】
エドも気になりますけど、個人的には下記キャラのキャストがとっっても気になりますね。
異論は認めます。笑

ロイ・マスタング
ロイ.jpg
炎の錬金術を操る、我らが大佐様。とにかく格好いいキャラです。雨になると炎をさせないので役立たずになるお茶目なキャラ。笑
エドより年上かつ軍の大佐なので、なよなよした俳優は避けて欲しいところ。熱い男を演じるのは誰なのか?気になります。

リザ・ホークアイ
ホークアイ.png
マスタング大佐の副官で狙撃の名手であるホークアイ姉さん!クールビューティーでとにかく仕事ができる人。
ロイとのコンビは最高です。カッコイイ女性なんだけど、可愛さも同居してる印象です。
凛とした雰囲気でアクションもこなせる女優さんをアサインしてほしいところ。

アレックス・ルイ・アームストロング
アームストロング.png
とにかく暑苦しいアームストロング少佐。
その抜群に濃いキャラですぐにみんなの記憶に刻まれたことでしょう。
このキャラを演じるには、凄まじい肉体と感情表現の豊かさ求められます。笑

【錬金術はどう描くの!?】
原作は炎を出す、地面を変形させるなど、錬金術を使った派手なバトルが繰り広げられます。
バトル.jpg
これらはCGに定評がある監督が手掛けるそうですが、完成度は気になります。
うまい具合に実写ハマればいいですね!

【ストーリーはどの辺をやるの?映画の構成は?】
原作はとっっても長いので、映画1本で収まらないと思います。
「るろうに剣心」みたいに主要部分を切り取り、いくつかの作品にわけるのでしょうか?
それとも、設定だけ踏襲して映画オリジナルストーリーに仕上げるのか?
そこは脚本家に期待ですね。

原作ファンとして興奮が止まりませんが、とにかくハガレンがもう一度観れるのはファンとして嬉しいです。
ぜひ、いい作品にしてほしいです!


今日も”雑食”ニュースにきてくれてありがとうございます。
人気マンガの実写化は成功例と失敗例がクッキリわかれますよね。ハガレンは「成功」してほしいですね!



スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。